福井 マンション セキュリティ&ファシリティ ザ・テラス 木倉町桜御門

セキュリティ&ファシリティ

構造

邸宅の資産をいつまでも保ち、安らかに暮らすテクノロジー

資産価値を高める

  • 住宅性能評価を取得
    「ザ・テラス」は、集合住宅の性能や品質を客観的に評価し、今後の資産価値を確かなものにするため、「住宅性能評価」において、すでに設計評価を取得。今後、建設評価も取得予定です。
  • 劣化対策・ホルムアルデヒド対策なども最高等級取得
    「ザ・テラス」は、住宅性能評価において、省エネ等級に加え、火災時の安全に関する感知警報装備設置等級、構造躯体などの劣化対策等級、さらにホルムアルデヒドにおいて最高等級を取得しています。
  • 徹底した品質管理
    建築基準法に基づく建築確認検査、マンションの住宅性能評価における公的・第三者検査とともに、施工者自主検査、監理者検査の三重の検査を実践。高い性能と品質を確かなものにしています。
  • 住宅瑕疵担保責任保険
    住宅瑕疵担保履行法に基づき定められた、構造耐力上主要な部分におよび雨水の浸入を防止する部分に関して、10年間の瑕疵担保責任の範囲が保険の対象になります。

    ※詳しくは、係員にお問い合わせください。

強じんさのメカニズム

  • 杭基礎
    「ザ・テラス」は、敷地調査、ボーリング調査などの入念な地盤調査のもと、地下約30メートルの強固な支持層まで、既製コンクリート杭20本も打ち込みました。杭と支持層をより一体化させることができるスーパーニーディング工法も採用し、さらに強じんさを高めています。
  • 高強度RC構造
    構造体の壁・柱・梁には通常のコンクリートの約2倍の耐力がある高強度コンクリートを使用した、RC(鉄筋コンクリート)造を採用。引っ張り強度に優れた鉄筋、圧縮への抵抗力に強いコンクリートを組み合わせた、強度の高い構造体です。
  • 溶接閉鎖型帯筋(柱構造)
    柱構造につなぎ目のない溶接閉鎖型帯筋を採用。つなぎ目のある帯筋を使用したものに比べて、耐力的な粘り強さが増し、地震の際の横揺れに強い構造を実現しています。
  • ダブル配筋
    外壁には、コンクリート内に鉄筋を二重に組むダブル配筋を採用。シングル配筋に比べてひび割れが起きにくく、耐久性が高まり、強い構造強度をかなえています。

高い静粛性能・可変性

  • 中空スラブ工法
    「ザ・テラス」は、中空スラブ工法により、強い構造と広々した大空間とともに、高い遮音性を実現。床スラブ面の小梁をなくし、各階の階高を3メートル以上、居室の天井高を最大2.55メートル確保しながら、床の振動を抑えることで優れた遮音性能を発揮します。
  • 高性能2重床+2重天井
    床面のコンクリートスラブ厚を250〜275mmとし、重量衝撃音を抑える構造。居室・廊下に制震マットも採用(化粧室・トイレ・クローク下には制震マットは使用されていません)。床の振動をさらに抑える配慮をしています。2重床・2重天井の採用により、将来のリフォームの自由度も高まります。
  • 次世代の超高性能遮音壁
    戸境には、厚さ180ミリの鉄筋コンクリートよりも、さらに10デシベルの遮音性に優れている、超高性能遮音壁を使用。ハイグレードな遮音性能を追求しています。
  • 何重もの遮音対策、排水システム
    排水管の立て管にグラスウール、遮音シートを巻くとともに、排水管まわりにロックウールや分厚いプラスターボードで囲うなど何重もの遮音対策を。さらに排水集合管用継手内部の構造により、水の流れに旋回力を与えることで、スムーズで静かな排水も実現しています。
  • ヘッダー方式
    給水・給湯管には、樹脂管を使用し赤水の発生を防ぐヘッダー方式を採用。従来の枝管工法に比べ、同時使用した際に均等に水を供給することができます。



ページトップ